関西大学システム理工学部情報通信工学研究室

 研究業績

2022年度 

 論文誌

  1. Masahiro Noguchi, Daisuke Sugahara, Miki Yamamoto, ``Timer-based Increase and Delay-based Decrease Algorithm for RDMA Congestion Control,'' IEICE Trans. on Communications, vol.E105-B, no. 4, pp. 421-431, April 2022.

 国内発表

  1. 青木 啓太, 野口 雅広, 山本 幹, ``データセンタ間通信における輻輳制御プロキシに関する一検討,'' 電子情報通信学会2023年総合大会講演論文集, B-6-xx, 埼玉, Mar. 2023.(発表予定)
  2. 阪本 凱, 速水 祐作, 山本 幹, ``NDN輻輳制御のResource Poolingに関する一検討,'' 電子情報通信学会2023年総合大会講演論文集, B-6-xx, 埼玉, Mar. 2023.(発表予定)
  3. 南 亮佑, 石倉 彰太郎, 山本 幹, ``BBRフロー競合時の帯域推定に関する一検討,'' 電子情報通信学会2023年総合大会講演論文集, B-6-xx, 埼玉, Mar. 2023.(発表予定)
  4. 新井 春稀, 伊藤 飛雄馬, 伊藤 暢彦, 大田 健紘, 平栗 健史, 山本 幹, 吉野 秀明 ``LPWAランダムアクセスチャネルにおける到着の変動が輻輳制御特性に与える影響の評価,'' 電子情報通信学会2023年総合大会講演論文集, 埼玉, Mar. 2023.(発表予定)
  5. 神崎 惇, 高橋 直也, 伊藤 暢彦, 吉野 秀明, 山本 幹, ``TCP in IoTにおける時間制約を考慮したパケット集約個数制御,'' 電子情報通信学会ネットワークシステム研究会, Vol.xx, No.xx, NS-20xx-xx, 沖縄, Mar. 2023.(発表予定)
  6. 安川 誠浩, 野口 雅広, 山本 幹, ``クロスデータセンタネットワークにおける早期輻輳検知による送信側データセンタ輻輳制御方式,'' 電子情報通信学会ネットワークシステム研究会, Vol.122, No.170, NS-2022-68, 盛岡, Sept. 2022.
  7. 神崎 惇, 伊藤 暢彦, 吉野 秀明, 山本 幹, ``輻輳制御の観点におけるTCP in IoTの一検討,'' 電子情報通信学会ネットワークシステム研究会, Vol.122, No.105, NS-2022-42, 金沢, July 2022.

関西大学システム理工学部情報通信工学研究室

Copyright©2011 Information and Communication Engineering Laboratory, Kansai University.All Rights Reserved.