関西大学システム理工学部情報通信工学研究室

 研究業績

2023年度 

 論文誌

  1. Yusaku Hayamizu, Masahiro Jibiki and Miki Yamamoto, ``Information-Centric Function Chaining for ICN-based In-Network Computing in the Beyond 5G/6G Era," IEICE Trans. on Communications, Special Section of Wired-and-Wireless Network System Technologies in Beyond 5G/6G, Vol.E-107B, No. 1, pp. 94-104, Jan. 2024. DOI:10.1587/transcom.2023WWP0005
  2. Kai Sakamoto, Yusaku Hayamizu and Miki Yamamoto, ``Toward a Resource Pooling Fairness: Balancing Congestion in Practical Congestion Control for Named-Data Networking," IEICE Communications Express, vol. 12, issue. 12, pp. 615-619, Dec 2023. DOI:10.23919/comex.2023COL0015
  3. Ryosuke Minami, Shotaro Ishikura and Miki Yamamoto, ``A New BBR with Moderate Delivery Rate," IEICE Communications Express, vol. 12, issue. 12, pp. 624-627, Dec 2023. DOI:10.23919/comex.2023COL0018

 国際会議

  1. Yusaku Hayamizu,Masaki Banadai and Miki Yamamoto, ``Experimental Evaluation of Adaptive Bitrate Live Streaming over Information-Cetric Networking(Poster Presentation),'' IEICE ICETC 2023, Sapporo, P1-26, Nov. 2023. DOI:10.34385/proc.79.P1-26
  2. Shotaro Ishikura and Miki Yamamoto, ``BAR: BBR with Adjusting RTprop for Inter-Protocol Fairness with CUBIC TCP,'' in Proc. IEEE LANMAN 2023, London, UK, pp.1-6, July 2023. DOI:10.1109/LANMAN58293.2023.10189813
  3. Keita Aoki and Miki Yamamoto, ``A Gateway Proxy with ECN Buffer Control for Inter-Datacenter Congestion Control (Poster Presentation),'' in Proc. ICCCN 2023, Honolulu, HI, USA, July 2023. DOI:10.1109/ICCCN58024.2023.10230141
  4. Kai Sakamoto, Yusaku Hayamizu and Miki Yamamoto, ``Improving Fairness of NDN Congestion Control from Resource Pooling Perspective (Poster Presentation),'' in Proc. ICCCN 2023, Honolulu, HI, USA, July 2023. DOI:10.1109/ICCCN58024.2023.10230208

 国内会議

  1. 青木 啓太, 山本 幹, ``データセンタ間通信の輻輳制御プロキシにおけるキュー長勾配を用いたECN方式, "電子情報通信学会NS研究会,B-6-x, 沖縄, Mar.2024.(発表予定)
  2. 阪本 凱, 速水 祐作, 山本 幹, ``ECNマーキングの差別化によるQoS制御の一検討, "電子情報通信学会NS研究会,B-6-x, 沖縄, Mar.2024.(発表予定)
  3. 阪本 凱, 速水 祐作, 山本 幹, ``NDN輻輳制御における確率的マーキングによるスループット性能差別化に関する一検討, "電子情報通信学会2024年総合大会講演論文集,B-6-x, 広島, Mar.2024.(発表予定)
  4. 石倉 彰太郎, 山本 幹, ``BBRフロー競合時の公平性に関する一検討, "電子情報通信学会2024年総合大会講演論文集,B-6-x, 広島, Mar.2024.(発表予定)
  5. 神崎 惇, 伊藤 暢彦, 吉野 秀明, 山本 幹, ``[奨励講演] TCP in IoT における二層バッファが輻輳制御に与える影響, "電子情報通信学会ネットワークシステム研究会, Vol.123, No.307, NS-2023-139, 福岡, Dec.2023.
    ネットワークシステム研究会若手研究奨励賞受賞
  6. 南 亮佑, 石倉 彰太郎, 山本 幹, ``最大推定帯域の過剰評価を改善するBBR送信レート制御手法, "電子情報通信学会 2023年電子情報通信学会ネットワークシステム研究会, Vol.123, No.307, NS-2023-145, 福岡, Dec.2023.
  7. 速水 祐作, 塩田 敦也, 阪本 凱, 山本 幹, ``NDN輻輳制御のユーザー間公平性に関する性能評価(ポスター講演),"電子情報通信学会ネットワークシステム研究会, Vol.123, no.198, NS2023-97, 北海道,Oct.2023.
  8. 高橋 直也, 伊藤 暢彦, 吉野 秀明, 山本 幹, ``TCP in IoT でのパケット集約制御におけるトランスポート層の影響, "電子情報通信学会 2023年ソサイエティ大会,B-6-74,名古屋,Sept.2023.
  9. 速水 祐作, 山本 幹, ``動画ストリーミングにおける要求スケジューリングに関する一検討, "電子情報通信学会 2023年ソサイエティ大会,B-6-21,名古屋,Sept.2023.
  10. 坂本 篤弘, 松尾 勇輝, 伊藤 暢彦, 大田 健紘, 平栗 健史, 山本 幹, 吉野 秀明, ``集約時間に上限を設けた適応的データ集約個数制御方式の評価, "電子情報通信学会 2023年ソサイエティ大会,B-11-14,名古屋,Sept.2023.
  11. 安川 誠浩, 山本 幹, ``[奨励講演] クロスデータセンタネットワークにおける送信側データセンタ制御ループによる輻輳制御方式," 電子情報通信学会ネットワークシステム研究会, Vol.123, No.177, NS-2023-55, 仙台, Sept. 2023.
    ネットワークシステム研究会若手研究奨励賞受賞

関西大学システム理工学部情報通信工学研究室

Copyright©2011 Information and Communication Engineering Laboratory, Kansai University.All Rights Reserved.