関西大学システム理工学部情報通信工学研究室

 研究業績

2017年度 

 論文誌


 国際会議

1.

Y. Hayamizu, A. Shibuya, and M. Yamamoto, ``Effective New Cache Decision Policy for Breadcrumbs in Content-Centric Networking,'' in Proc. 2017 IEEE International Workshop Technical Committee on Communications Quality and Reliability (CQR 2017), Naples, FL, USA, May 2017, pp. 1-6.
Best Paper Award受賞


 国内発表

1.

速水祐作,永田晃,山本幹,`` ICNを利用した処理機能ルーチングの機能順序制約下での評価,'' 電子情報通信学会2017年ソサイエティ大会講演論文集, Sep. 2017. (発表予定)

2.

菅原大輔,柳生智彦,山本幹,`` モバイルエッジコンピューティングにおけるタスクスケジューリングの通信コストの影響,'' 電子情報通信学会2017年ソサイエティ大会講演論文集, Sep. 2017. (発表予定)

3.

速水祐作,永田晃,山本幹,`` ICNを利用したIn-Network Processingにおける複数機能ルーチング手法の提案,''信学技報, Sep. 2017.(発表予定)

4.

菅原大輔, 柳生智彦, 山本幹, ``モバイルエッジコンピューティング環境に適したタスクスケジューリングの一検討,'' 信学技報, vol. 117, no. 131, NS2017-68, pp. 199-204, July 2017.

関西大学システム理工学部情報通信工学研究室

Copyright©2011 Information and Communication Engineering Laboratory, Kansai University.All Rights Reserved.