関西大学システム理工学部情報通信工学研究室

 研究業績

2015年度 

 論文誌

1.

Hideyuki Nakajima, Tatsuhiro Tsutsui, Hiroyuki Urabayashi, Miki Yamamoto, Elisha Rosensweig, and James F. Kurose, ``Performance Evaluation of Partial Deployment of an In-Network Cache Location Guide Scheme, Breadcrumbs," IEICE Trans. Commun., vol. E99-B, no. 1, pp. 157-166, Jan. 2016.

2.

Kenta Matsushima, Yuki Tanisawa, and Miki Yamamoto, ``QCN/DC: Quantized Congestion Notification with Delay-based Congestion Detection in Data Center Networks," IEICE Trans. Commun., vol. E98-B, no. 4, pp. 585-595, Apr. 2015.

3.

Shigeyuki Yamashita, Daiki Imachi, Miki Yamamoto, Takashi Miyamura, Shohei Kamamura, and Koji Sasayama, ``A New Content-Oriented Traffic Engineering for Content Distribution:CAR(Content Aware Routing)" IEICE Trans. Commun., vol. E98-B, no. 4, pp. 575-584, Apr. 2015.


 国際会議

1.

Kyouhei Sasano, Masaki Bandai, and Miki Yamamoto, ``A Cache Management Method for Simultaneous Downloading from Multiple Receivers for Content Centric Networking," in Proc. The 10-th International Workshop on Telecommunication Networking, Applications and Systems (TeNAS-2016) in conjunction with IEEE AINA 2016, Mar. 2016, pp. 872-877.

2.

Yusaku Hayamizu, Tomohiko Yagyu, and Miki Yamamoto, ``Energy and Bandwidth Efficient Content Retrieval for Content Centric Networks in DTN Environment," in Proc. IEEE Globecom 2015 Workshops, San Diego, CA, USA, Dec. 2015, pp. 1-6.

3.

Miki Yamamoto, ``Performance of In-Network Guide in Cache Networks," The 10th International Symposium in Science and Technology 2015 (ISST 2015), Bangkok, Thailand, Sept. 2015, pp. 53-54.

4.

Yusaku Hayamizu and Miki Yamamoto, ``Receiver-driven Congestion Control for Content Oriented Application with Multiple Sources," in Proc. IEEE CQR 2015, Charleston, SC, USA, May 2015, pp. 1-6.


 解説

1.

山本 幹 ``[特別招待講演] In-Networkキャッシュの研究動向,'' 信学技報, vol. 115, no. 461, CS2015-89, pp. 23-28, Feb. 2016.

2.

山本幹, ``[招待講演] コンテンツ指向ネットワークの研究動向," 日本学術振興会 光ネットワークシステム技術第171委員会, 第56回研究会, Nov. 2015.

3.

山本幹, ``[チュートリアル講演] コンテンツ指向を実現するICN," 電子情報通信学会ソサイエティ大会, BT-2-1, Sept. 2015.

4.

山本幹, ``[招待講演] モバイル環境におけるコンテンツ指向 ネットワーク," モバイルネットワークとアプリケーション(MoNA)研究会, Aug. 2015.


 特許

「情報通信システム、サーバ装置、データ転送装置、データ転送制御方法、およびプログラム」
柳生智彦(NEC)、山本 幹
特許第5861929号
出願日 平成24年1月31日
登録日 平成28年1月8日


 国内発表

1.

笹野恭平, 萬代雅希, 山本幹, ``コンテンツ指向ネットワークにおける同時ダウンロードを考慮したキャッシュ手法," 電子情報通信学会 2016年総合大会, B-6-124, Mar. 2016.

2.

奥村尚久, 平田孝志, 山本幹, ``分散的情報共有によるコンテンツキャッシング手法," 電子情報通信学会 2016年総合大会, B-6-123, Mar. 2016.

3.

速水祐作, 柳生智彦, 山本幹, ``DTN環境でのコンテンツ指向ネットワークにおけるキャッシュ判断法の性能評価," 電子情報通信学会 2016年総合大会, B-6-122, Mar. 2016.

4.

柳生智彦, 山本 幹, 戸出英樹, 太田能, ``ネットワーク誘導を利用したコンテンツ配信の実装評価," 電子情報通信学会 2016年総合大会, BP-2-4, Mar. 2016.

5.

奥田周平, 松嶋健太, 平田孝志, 山本幹, 李忠翰 , 小口直樹, 田中淳, ``データセンタ環境下におけるTCP間の公平性改善に関する一検討," 電子情報通信学会 2016年総合大会, B-6-77, Mar. 2016.

6.

赤松純弥,松嶋健太,山本幹 ``データセンタにおけるエンドツーエンドマルチキャスト輻輳制御方式," 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-202, pp. 197-202, Mar. 2016.

7.

速水祐作, 平田孝志, 山本幹, ``コンテンツ配置を考慮したコンテンツ指向トラヒックエンジニアリングの検討,’’ 信学技報, vol. 115, no. 404, NS2015-165, pp. 109-114, Jan. 2016.

8.

森貴也,中嶋秀幸,山本幹 ``CCNにおけるインネットワークキャッシュ誘導方式の検討,"電子情報通信学会 2015年ソサイエティ大会, B-6-42, Sept. 2015.

9.

一角健人,山本幹 ``[奨励講演]無線マルチホップキャッシュネットワークにおけるBreadcrumbsに対応したキャッシュ判断法," 信学技報, vol.115, no.209, NS2015-79, pp. 47-52, Sept. 2015.

10.

河内智史,三好淳平,萬代雅希,山本幹 ``コンテンツ指向ネットワークにおける複数送信ノードに対応した輻輳制御の検討," 信学技報, vol.115, no.92, NS2015-36, pp. 35-40, June 2015.

関西大学システム理工学部情報通信工学研究室

Copyright©2011 Information and Communication Engineering Laboratory, Kansai University.All Rights Reserved.