関西大学システム理工学部情報通信工学研究室

 情報通信工学研究室について

情報通信工学研究室は2005年に発足した研究室です.現在は教授1名,D2が1名,M2が6名,M1が4名,B4が7名の計19名で活動をしています。 研究活動としては主に輻輳制御・無線通信・新世代ネットワークの3つのグループに分かれて研究を行なっています.
輻輳制御グループでは,近年急速に発達しているクラウドコンピューティング技術に必要不可欠なデータセンタに関する輻輳制御や ネットワークの広帯域化に伴い開発された,高速輻輳制御の研究を行なっています.
次に無線通信グループでは,ワイヤレス通信の物理的限界を打破する技術として存在するユーザの端末を中継ノードとして使用する 無線マルチホップネットワークに関する研究を行なっています.
最後に新世代ネットワークグループでは現在のインターネットの限界を打破する全く新しいネットワークアーキテクチャとして提案されている コンテンツオリエンテッドネットワークに関する研究を行なっています.

 研究内容詳細

 所在地

情報通信工学研究室の学内の詳細な場所に関しては以下をご覧ください.


  関西大学 千里山キャンパス
  564-8680 大阪府吹田市山手町3丁目3番35号
  システム理工学部 情報通信工学研究室
  最寄駅:阪急電鉄 北千里線 関大前駅
関西大学システム理工学部情報通信工学研究室

Copyright©2011 Information and Communication Engineering Laboratory, Kansai University.All Rights Reserved.