関西大学システム理工学部情報通信工学研究室

 研究業績

2008年度 

 論文誌

1.

山元 景誠, 山本 幹, ``アドホックネットワークにおける指向性アンテナ導入効果のルーチング方式による影響評価," 情報処理学会論文誌, vol. 49, no. 8, pp. 1-5, Aug. 2008.


 国際会議

1.

Nobuhiko Itoh and Miki Yamamoto, ``Proxy-based TCP with Adaptive Rate Control and Intentional Flow Control in Ad Hoc Networks," in Proc. IEEE Globecom 2008, New Orleans, LA, USA, Nov. 2008.

2.

Takayuki Konishi, Hiroki Yahata, Kagenari Yamamoto, and Miki Yamamoto, ``Directional Antenna Preferable Routing Protocol in Ad Hoc Networks" in Proc. IPS ICMU 2008, Tokyo, Japan June 2008.

3.

Yuki Imanishi, Kenya Mori, Miki Yamamoto, Sachiko Taniguchi, Koji Sato, and Tetsuya Yokotani, ``Performace Evaluation of Traffic Reduction by Source Port Specific Multicast Router in Proc. IEICE Asia-pasific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2008), Bandos Island, Maldives, Apr. 2008.


 国内発表

1.

多田孝太郎, 山本幹, ``無線マルチホップネットワークにおける負荷分散を考慮したゲートウェイ選択方式" 信学技報, vol. 108, no. 457, NS2008-206, pp. 355-360, Mar. 2009.

2.

矢羽田大揮, 山元景誠, 山本幹, ``[奨励講演]モバイルアドホックネットワークにおける指向性アンテナ導入効果" 信学技報, vol. 108, no. 258, NS2008-71, pp. 19-24, Oct. 2008.

3.

山本祐太, 伊藤暢彦, 山本幹, ``アドホックネットワークにおけるプロキシ型TCPの性能改善" 信学技報, vol. 108, no. 203, NS2008-49, pp. 39-44, Sept. 2008.

4.

山本祐太, 伊藤暢彦, 山本幹, ``無線マルチホップネットワークにおけるプロキシ型TCPのウィンドウサイズ設定の性能評価" 信学技報, vol. 108, no. 44, MoMuC2008-19, pp. 109-114, May 2008.

5.

矢羽田大揮, 小西貴之, 山元景誠, 山本幹, ``無線マルチホップネットワークにおける指向性アンテナ優先選択型ルーチング" 信学技報, vol. 108, no. 31, NS2008-11, pp. 61-66, May 2008.

関西大学システム理工学部情報通信工学研究室

Copyright©2011 Information and Communication Engineering Laboratory, Kansai University.All Rights Reserved.